住宅ローンや保険料を払うのがキビシイ!と感じたらお読み下さい

毎月の住宅ローンや保険料が払えない時のプランナー

毎月のクレジットカード代を払わないとどうなるか

毎月のクレジットカード代を払わないとどうなるか?

 

こんな質問をされることもあるのですが、結論を言えばなにも起こりません。引き落とし日が過ぎても入金確認にズレが生じるので上限額に空きがまだあれば使えたりします。

 

後の対応はカード会社、によって変わります。ついうっかり入金を忘れた場合であればカードが使えなくなった時点で、こちらからカード会社に電話をして振り込みの指示をされると思います。

 

それ以外にもカード会社からコンビニの払込票が送られてくる場合もあります。そういう場合も入金が確認されれば当日にでもカードが再利用できるようになるので、資金繰りがおかしい時は数日この方法で逃げても問題はありません。特にこの程度で信用情報に傷がつくこともありません。

 

問題はもうお金がない、支払いの目処は全く無い、という場合です。

 

クレジットカードの引き落としが掛からないと、再請求やコンビニの払込表や振込先の案内が届きます。お金がなければこれを払うことが出来ませんから当然スルーします。

 

上記の段階の場合も電話がきたりはしますがそうしつこくはありません。優しい口調で「引き落としが確認できませんので再度お願いします」程度のことです。

 

ところが再請求もスルーした場合は電話攻撃が始まります。信用情報に傷がつくにも関わらず払わないわけですから、先方も払えない人であることはわかっているわけです。

電話に出なければ結構な本数の電話が来ます、カード会社によっては自宅まで突撃してきます、一昔前のサラ金レベルです。

 

さらに払わないという状況が続くと、担当部署がどんどん変わり営業マンの態度もどんどん悪くなっていきます。敬語も無くなり高圧的な担当者の電話がきます。とんでもない剥がしっぷり😂

 

とはいえそもそも払わない方が悪いので、こういう時は電話には必ず出ることです。出られなくても手が空き次第すぐに折り返しましょう。彼らは別に半社組織ではありません、ドラマで見るような心配は無用です。やり過ぎれば困るのはカード会社側なのです。

 

そもそもカードで買い物をしたのに払えないのは会社や世の中のせいでもなく自分自身が悪いのです。カード会社はこちらの味方なのです、なにせ買い物代を払ってくれてお金も返せないこちらに電話をくれるのですから、と考えれば気が楽になります。

 

とりあえずは気楽に話をすることをオススメします、なぜ払えないのかよりもいつ払うのかというのが先方の聞きたい事です。それを説明する必要があります、とりあえずなんのアテがなくてもいいのです。

 

「いつまで払うのか」という事が見えないこともあるかと思います、それも含めて1ヶ月以内にお答えしますととりあえず言ってみましょう、その際は間違っても「いつまでに払う」と言わないことです。

 

「いつまでに払う」と言ってしまえばそこで払えなければさらに信用を失います。払える目処もないのであれば「そこまでに払う」ではなく「そこまでに考える」なのです。期限日に「考えるとは言ったが払うとは言ってませんよ」という逃げ道を作っておくことができます。

 

さらに回答期限はあったほうがいいので、1ヶ月と長めの期限を申し出るのがコツです。1ヶ月も待てるか!と言われたらでは半分の2週間では?と言い返すことが出来ます。

 

交渉事ですから主導権はこちらにあると思えばよろしいのです、エラソーにすることも卑屈になることもありません。

 

私の場合はクレジットカード会社は3枚ありました、どれも上限はいっぱいです。結論から言えば滞納している時点で払える目処はないのです。とはいえこちらも粘りたい、なぜかといえばクレジットカードが無くなれば大きな買い物をすることができなくなるからです。

 

但しもうどうしようもないので最後は分割払い交渉です、返済計画を提出すれば応じますと結構簡単にお話は進みます。カード会社からすればそんなに珍しい話でもないのでしょう。いわゆるリスケ、任意整理というやつです。

 

「毎月いくら払うの?」と聞かれたので「3,000円」と答えてみました。子供の小遣いじゃないのだからとは言われましたが、貴社以外にも2社あるから3社合計で2万円が限度、一番未払金が少ない貴社はこれでと交渉を進め結局5,000円にしてもらいました。

 

というやり取りを他社でも展開してなるたけこちらの希望に近づけます。それに加えてではいつから返済するのかを決めて、するとカード会社からその弁済表と契約書が送られてきます。

 

ただすでに払う目処もあまりないので猶予期間内に弁護士に相談です。法テラスという弁護士協会の相談窓口が各都道府県にあるのでそこに行きます、紹介された弁護士と会えるまでそこそこ日数が掛かるので早目に動くことも大事です。

 

私の場合は弁護士と会えた時点ですでに全てのクレジットカード会社との分割払いでの返済交渉が終わった状態でした。初めて弁護士と面会した時点で、これで借金の督促がすべて止まりますよと言われましたが、

 

「先生そんなものはすべて自分で片付けましたよ」と返答して驚かれましたが、まぁそんな大層なことではありません。あとはそのうち弁護士から各カード会社に連絡がいきその分割払いの契約も全て反故になるということです。

 

とにかく払えないのであれば期限を設定して早く動くことです、整合性の取れない逃げ方ではこちらも出口戦略が無くなり路頭に迷うだけですし、先方への交渉も出来ない状況が続くことになるだけです。

 

交渉を有利に運ぶには逃げ回ることはやめることです。

 

今後とも有益な情報発信をしていきますので、スキ・コメント・フォローなど頂けますと嬉しいかぎりです😸引き続きよろしくお願いいたします🙇
貴重なお時間をいただき最後までお読み頂き、ありがとうございます🙂